Saku『君色ラブソング』MV LINE会話ライティング:制作実績

Pocket

Saku『君色ラブソング』

Saku『君色ラブソング』MV内のLINE会話を作成

コピーライターの制作実績としては変わり種の案件をご紹介。女性シンガーソングライターSakuさんの3rdシングル「君色ラブソング」のLINE風ミュージックビデオ内の会話の制作を担当しました。

高校・大学くらいの、友達以上恋人未満な男女の微妙な距離感を描いた楽曲の世界観を表現するために、友達以上恋人未満なLINE会話を再現しました。30歳(当時)・恋人なしのオッサンながら、がんばった力作です。

裏話

楽曲の歌詞にも関わられた、当時女子大生の作詞家さんに赤入れいただきながら制作しました。

<こだわりポイント>
・時間帯に合わせて起床⇒通学⇒放課後⇒帰宅後とシチュエーションを変化させつつ、各時間帯にキュンポイントを配置
・個人LINEとグループLINEを行き来し、みんなの前と1対1の違いを演出
・いじり合いつつ、好意を匂わせる微妙なやりとり
・当時流行ったニコイチのあだ名(さきりく)

<悔しかったポイント>
・最後にして最大のキュンポイントである、いきなり電話がかかってくるシーンは、作詞家さんのアイデアでした。「その手があったか!」と自分でも思ったし、YouTube上のコメントももっとも好評でした。実際に恋している世代には敵わないなと痛感。

変わり種のライティング案件もお待ちしています

キャッチコピーに限らず、言葉を使ったおもしろいお仕事は随時受け付けております。Twitterをフォローのうえ、DMいただければと。

お問い合わせ

お問い合わせ内容 (必須)
お仕事のご依頼その他
  

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です